ハリボテ主婦、起業家を目指す。

職歴なし専業主婦歴12年、3児の母でもある私が無謀にも起業家を目指して勉強し始めました。

新聞が溜まり続ける隣家で何が起きているのか。

 先日、母からこんなメールが来ました。

「お隣さん、家の中で死んでるかもしれないんだって」

 

何でも、母のところに町内会の人がやってきて、お隣が長期に留守にする予定を何かきいていないか、たずねられたそうです。

 

母は隣家のドアに数日前から何か袋が下がっていることには気付いていましたが、その中身が新聞であることまでは知りませんでした。

 

隣家の住民は一人暮らし。

近所付き合いはもちろん、人付き合い自体あまりしない様子でした。

町内会の方は、回覧板が戻ってこないことでお隣の異変に気付いたそうです。

 

母は町内会の方と一緒にお隣に出向き、チャイムを鳴らしましたが応答はなく。

庭にまわって窓からリビングをのぞいてみましたが、見える範囲には誰も倒れていなかったそうです。

 

町内会の方はすぐに警察に連絡。

やってきた警察は一通り隣家の周囲を見てまわったあと、

「もう3日様子をみましょう」

といって帰っていったとか。

 

何年も前に作成された町内会の名簿には、緊急連絡先の記載があったそうですが、そちらの電話番号は既に使われなくなっていたそうです。

 

賃貸物件なら大家さんが鍵を開けてくれますが、

持ち家の場合そうはいきません。

「窓わらなくちゃダメかなぁ」

そう言いながら町内会の方は去り、それからの3日間両親は

「隣家に遺体があるかもしれない」

という薄ら寒さとともに生活することになりました。

 

そして3日後。

誰がどうやって見つけたのかはわかりませんが、

隣家の親戚の方がやってきて、鍵屋を呼んで中に入ったところ、どうもお隣さんは入院したらしい、ということがわかったそうです。

後に入院先と期間も明らかになり、

「窓わらなくて良かったなぁ」

ということでこの件は笑い話となりましたが、

見えないところで倒れていたらと思うと全然笑えません。

 

こういうこと、きっと全国でたくさん起きているんだと思います。

 

夫の母も一人暮らしですが、

この春、出掛けた先で交通事故にあって骨折し、入院。

家に帰ってきたのは3ヶ月後でした。

もしかしたらお隣さんはヒヤヒヤしていたかもしれませんね……。

検索してはいけない言葉「児童相談所」

その後に読んだ記事のインパクトが強すぎてすっかり忘れてしまったのだが、

今朝、たぶんわたしはあたまに「児童」がつく言葉を検索しようとしていたようだ。

そのとき、検索予測が表示したのが「児童相談所」という言葉。

 

児童相談所

検索予測にのるほどの言葉だろうか?

そもそも、児童相談所ってなにするところだっけ?

 

わたしは当初何を検索しようとしていたのかも忘れ、予測に表示された「児童相談所」をタップした。

児童相談所の正体はすぐにわかった。

子供への虐待があった場合、もしくは虐待が疑われる場合に通報するところらしい。

 

そこに、気になるタイトルが現れた。

児童相談所による子供の拉致まがいの一時保護の実態と対応方法」

https://matome.naver.jp/m/odai/2140238205478797001

スマホから投稿しており文字にリンクどう貼ればいいのかわからずURLで失礼します)

 

極端な書き方をされているのかもしれないが、

読むと鳥肌モノである。

 

「なぜ虐待を防げなかったのか」

と、児童相談所が非難をあびるケースは確かに多いのだろう。

だからと言って、片っ端から子供を保護すればいいわけじゃない。

子育て中、かわいい我が子を言い掛かりで奪われたらと思うとゾッとする。

 

記事自体、2014年の物で古いといえば古い。

現状はどうなっているのか。

気になるところである。

 

公権力が肥大化するとろくなことがないと思う。

それと同じくらい、何にでも責任を追及する世の中の風潮も危険に感じる。

マスコミの偏った報道姿勢もどうかと思う。

 

いざという時に身を守るために必要なことは何だろう。

朝から考えさせられた。 

習うより慣れろ!案ずるより産むが易し!!

頭でゴチャゴチャ考えずにとりあえず当たって砕けろ的に行動できる人が心底羨ましい今日この頃。

 

下手な鉄砲でも数撃ちゃあたるっていうかコツをつかむはず…鉄砲の使い方ばっかり確認して一回も撃たない奴よりは絶対上手くなるわけでして。

 

自戒を込めて書いております。

 

行動ができません。

ここ数日、思い切りの悪さを痛感しています。

とにかく腰が重いです。

こんなんじゃ、ダメだー!!!!

 

なぜ行動できないのでしょう??

やらなくちゃと思っているのに!!!

今日は自分なりに理由を整理してみたいと思います。

 

【①  できるか不安。】

やってみないと永久に出来るようにはならないよ…!!

しっかりして!!

 

【②  方向性が定まらない。】

そうは言っても、今日できる小さいことは絶対にあるよ!!!

よく探して!!

 

【③  人の真似をしてはいけないという思い込み。】

誰だよそんなこと言った奴…!!!

真似しなきゃ出来るようにはならないよ!!

オリジナリティは真似を極めた上で出て来るものだって誰かも言ってたよ!!

 

【④  完成度を求めてしまう。】

最初からプロレベルは無理!!

まずは試作だと思ってやってみよう!!!

 

【⑤  経費が気になる。】

経費ではない、投資だ!!!

そしてかかる金額なんてたかがしれてるのに、

そこを渋る時点で稼げるとこまで持っていけない確率大!!!

投資マインドを持て!!!

 

【⑥  作業が膨大すぎて目がくらむ。】

コツコツやることで1ミリは進める!!

這ってでもゴールを目指せ!!!

その場でグルグルしてても永久にゴールには近付けない!!!

 

以上。

理由を探しながら叱咤激励してみました。

 

行動、大事。

今日は必ず一歩進みます!!!

 

 

 

身近な高齢化と文化大丈夫!?って思ってる話。

かれこれ10年くらい茶道を習っています。

ふとしたきっかけでなんとなく始め、

今日までゆる〜く続いています。

 

茶道、楽しいです。

いろんなお点前があるのですが、その微妙な違いもおもしろいし、季節ごとの違いやお客様への気遣いの心も良いところ。

何より抹茶が美味しい!!!和菓子も!!!

 

もっと気軽にみんなが嗜めると良いのにな、といつも思います。

お菓子とお抹茶を出してくれるお店もありますが、

自分でお茶をたてる経験はなかなか出来ない。

習いにいかなきゃお点前を目にする機会も全然ない。

日本の文化なのに、なぜこうも敷居が高いのか。

 

茶道界隈の高齢化も著しい。

少なくとも私のまわりでは、かなり高齢化しています。

60代から80代がほとんどで、50代は若手らしい。

最初は20代だった私もあっという間に30代。

むしろアラフォー。

しかし若い子が全然入ってこないので、アラフォーの私もお茶の世界では若いままです。

 

先日、お茶の先生のお手伝いで呈茶接待を行いました。

お客様がたくさん集まるところで、待ち時間にお抹茶を提供するわけです。

 

たくさんの人が出入りするところでお点前をしつつ、お点前だけではお客さんの人数分お茶をたてるのに間に合わないので、裏方で数人がお茶をたててくださって、私はお客様のところに運ぶ役割をしました。

 

集まっていた人達もこれまた高齢でした。

毎年やってるので、見覚えのある方もたくさん。

……の中で、例年一緒にお手伝いしていた方(そこでしか会うことはなく、名前もよく知らない)が1人足りない。

今日は来なかったんだなー、と思ってたら、

亡くなってました…。

なんでよ…若そうに見えたのに…!

(茶道界隈の若そうは70歳まで)

 

20代とかの若い人が全然増えず、

高齢の人は亡くなっていく。

茶道はずいぶん先細っているのでは…?

と、思えてならないけど北海道だけなんですかね。

はたまた私の周りだけなんですかね??

 

呈茶接待に話を戻しますが、お客様がとても謙虚で、

「作法がわからないから」

と遠慮する方続出。

 

習ってもいないものわかるわけがないじゃないですか。

また、習っていたとしても、流派によって違うわけですよ。

(たとえば私は裏千家ですが、表千家武者小路千家のお点前をテレビとかでみると違いすぎて驚く)

なので、とにかく美味しく召し上がってくれれば十分なのです。

 

その上で、美味しいな、またのみたいな、と思って家でたてるようになるのも良し。

作法に興味をもって調べてみるも良し。

お点前をしてみたくて習いはじめるのも良し。

なわけです。

要は呈茶接待が何かのきっかけになってくれれば最高。

べつになにも生まれなくても、その場で楽しんでもらえたら上出来。

 

きっかけが無ければ行動はうまれません。

茶道には圧倒的にきっかけが足りない!と感じます。

茶道と気軽に出会える場を作りたいものです。

師は1人に絞るが吉。見極める目を養え。

・ネットのいいところは、欲しい情報がすぐに見つかるところ。

・しかし、その情報が質の高いたった1つだけ表示されれば良いが、実際には様々な人の様々なやり方が表示される。

・なのでいくつか目を通すことになる。

・そこから自分に合ったやり方を選択する。

 

やりたいことがハッキリしてる時はこれで良い。

「肉じゃがを作りたい」とかならば。

 

しかし、想像もつかないようなことをネットから集めた情報だけでやろうとすると、途端に混乱する。

・初めての分野なので、情報の真価を見極める尺度が自分の中に蓄積されていない。

・書いている人もど素人の可能性アリ。

・ネットの情報は断片的であることが多い。

・時間軸にそって読み進めても肝心な部分が公開されていないなど。

 

情報の取捨選択に取られる手間は思っている以上に多大。

混乱しグルグル回っているだけで前に進まない。

 

この打開策は、ネット上の師を1人に絞ることだと考える。

その師は、質問したらかならず返事をくれる人でなければならない。

一方的に慕う場合、得られる情報は公開されているもののみになり、多くの場合「公開してない情報」の方により重要なことが含まれる。

 

師を志願している人たちはネット上にウヨウヨいる。

彼らそれぞれから学べることはかならずある。

が、出来ればより質の高い情報をくれる師に資するべきである。

 

不労所得化を前面に押し出している人を師として選ぶ場合はタイミングが非常に重要。

不労所得化が完了している人を師にしてしまうと、

「質問しても返事がこない」

「質問するまでの道のりがやたら長い」

「すでに情報が旬ではない」

などの弊害が考えられる。

 

これから不労所得化!と言う人の場合は、質問する、成果報告をする、などで(自然発生的な)コミュニティの一員になれる可能性がある。

いわば師の仲間。

そうなれば将来的にお互い刺激しあえる存在となり、師のやる事がリアルタイムで参考になる。

ただし、本当にそこまで持って行ける師であるか見極める目は非常に重要。

 

繰り返すが、師は

・質問に答えてくれる人

でなければならない。

・成果報告に一行でも返事をくれる人ならなお良い。

「なぜそうなりたいのか」がハッキリすると目標に近付く。

夢や目標を持った場合、

「なぜそれを実現したいのか?」

ということをハッキリさせることで、ぐっと実現可能性が高まるそうです。

 

簡単にいうと、

漠然とダイエットするよりも、

「結婚式までに痩せてウエディングドレスが似合うようになりたい!!!」

というように、痩せたい理由がハッキリしてる方が結果に繋がるということです。

 

私の夢は、起業家になること、起業家として成功することです。

ではなぜ、起業家になりたいのか、理由を考えてみます。

 

【理由①  パートに出るより夢があるから】

この場合の夢というのは、つまり拡大可能性です。

雇われの場合、パートなら時給という限界が常について回ります。

生産性の高さとか、仕事の出来不出来とか無関係に、「時給」。

ものすごく評価してもらえたとしても、他の人より3倍時給貰ってる人とか、きいたことがありません。

その点、起業家は成功すれば時給青天井。

これは夢がある!!

生産性をあげれば上げた分だけ、仕事が出来れば出来るほど、会社も育つでしょう。

これは絶対に楽しいはず!

 

【理由②  なるべく自宅を拠点にしたい】

世の中には自宅に居たくないから働きに行く方もいるそうですが、私は真逆なのでした。

出来るだけ家から出たくない。

自宅兼職場に出来れば最高!!

万が一事務所を構えるようなことになったとしても、自宅から徒歩2分圏内で物件探しをしたいです。

 

【理由③  やりたいことが出来る!】

起業家になって成功すれば、資金に余裕が出来てやりたいことが出来るようになるはず!

市内にない猫カフェをつくったり、

自分が居座るためのカフェを作ったり、

そこをコワーキングスペース化してイベントをやったり、

腐女子のための漫喫作ったり、したい!!!

税金対策とか言ってやりたい!!!

運営は人に任せて自分はのんびり入り浸っていたい!!!

そんでもってうっかり収益化したい!!!

 

……とまぁ、大体こんなところでしょうか。

起業家になりたい理由を書き出してみました。

これだけでは当然ながら

「目標に近付いた!!」という実感はないわけですが、

書き出すことでとてもワクワクしました!(特に③)

 

理由を書き出すと、目標に対してポジティブになれますね!

これはぜひとも続けていきたいです。

延滞税の恐怖に震えながら税務署に行った話。

あれは約2年前のことです。

個人年金保険(ドル建て)が満期を迎え、

何も考えずに一括受取を選びました。

(一括受取と、年金形式で何年かかけて受け取る方法がある)

 

保険会社から届いた紙には、

総受取額、払込総額、差額利益。

の3つが書かれていました。

読むと、税金が源泉徴収されていないとのこと。

 

税について無知な私は、

「ん? 税金払わなきゃいけないなら向こうからなんか言ってくれるんでしょ??」

と、安易に考えてしまい、そのことはそれきり忘れていました。

 

ひとつ言い訳をするなら、

一番下の娘が生まれたばかりで、身動きが取れなかったのです。

 

税務署からの通知は特に何もなく、あっという間に2年近くが過ぎました。

 

さて、1週間ほど前のことです。

何かで税に関しての記事をたまたま目にしました。

そこには、

「税務署は、延滞税を多く取るために3年泳がせる」

とありました。

 

あれ、もしかしてあの保険、申告しないとヤバいんじゃない!?

 

わたしは慌てて税について調べました。

ちなみに、保険期間は10年、差益はおよそ60万でした。

この、「60」という数字に苦しめられることになります。

 

まず、わかったことは、

保険期間が5年以内の年金保険の場合は、貯金と同じく

「差益の20パーセントが源泉徴収される」

ということ。

 

私のは保険期間10年なので、これにはあたりません。

保険期間が5年を超えるものは、源泉徴収がされず、

また受け取り方によって税の掛かり方も違うとのこと。

 

すでにややこしいっ!!!

 

一括受取をする場合、税の種類は「一時所得」。

一時所得には50万円の控除が!!!これは助かる!!

 

一時所得に掛かる税は、

(差益➖50万円)➗2

の金額に対して掛かるとのこと!

 

私の場合、(60万➖50万)➗2=5万

この5万に対して税金がかかるわけです。

5万に対して掛かる税金ならたぶん1万くらい…?

私は少しホッとしました。

が!

やっぱり申告しなきゃいけないことには変わらなかった!

次にくるのは延滞税の恐怖!!

 

ちなみに、預金なら60万の2割……12万が税金として源泉徴収されてしまいます。

個人年金保険の節税効果ヤバいです。

すでに10万は得したことに。

 

翌朝、さっそく税務署に電話して、

言われたものを全て持って税務署に向かいました。

持って行ったものは、

・保険会社からの書類

・2年前の夫の源泉徴収票

マイナンバー通知カード

・健康保険証

・印鑑

・通帳

の、6つです。

 

「2年も放置したことなんて言い訳したらいいんだろう…所得隠しとか言われたら!???」

 

ドキドキしながら窓口に向かいました。

応対してくれたのは二十代前半と思しき色白の物静かな女子でした。

物静かで動じない感じ…喋り方も静か。

このイメージどこかで……あ!綾波レイ!!

というわけで彼女のことは綾波と呼びます。

 

まず、保険会社からの書類を見せました。

すると綾波は電卓で支払われた総額、

払い込んだ総額をパチパチ計算しています。

差益はすぐ横に書いてありましたが、

敢えてそこ計算し直すんだ……!

 

電卓をパチパチし続ける綾波

税額いくらと言われるのか震えて待つ私。

 

すると、綾波が口を開きました。

 

「この保険は申告しなくて大丈夫ですよ」

 

ええええ!?

なんで!??

 

私の場合、専業主婦なので

基礎控除 38万円」

というものがあるそうです。

 

つまり、(差益➖50万)➗2の課税部分が38万円を超えて初めて申告の対象になるんだとか。

 

つまり、税金は、ゼロ円!!!

さようなら延滞税の恐怖!!!

 

というわけで差益の60万はまるまる手元に残ることになりました。

繰り返しますが、これが預金なら源泉徴収で12万取られている…。

個人年金保険の節税効果!

 

また、副業なしのサラリーマンの場合も、

20万までは控除になるとのことでした。

 

では年金受取をしていたらどうだったか……。

これについては、雑所得になり税金の計算方法が違うようです。

年金受取することにより運用益は見込めますが、所得が増えてどうたらこうたら……。

(年金に掛かる税金は低くても所得全体が増えてそっちで健康保険金額が上がったりなどのおそれもあるようです)

 

詳しくは専門家に相談するのが良いと思われますが、私の場合はわかりやすさで一括受取をオススメしたいです。

 

保険の名義と受取人が同一

保険期間が5年を超える

などなど諸条件はありますが、

個人年金保険の節税効果(と、延滞税の恐怖)を身を以て体験した話でした。